2013-07-05から1日間の記事一覧

死にゆく鹿のために

くたばる 山の中、不具の鹿分かっていたこと 遅かれ早かれ 潤んだ眼玉が最後に残った虚ろで生臭そうな血走った眼玉そこから開ける視界が何かを見つめる意識がもしも鹿に残されたとしてそこに神秘はあらわれるか哀れな鹿を救い給うか 木の根、土くれもはや伸…