石蹴りインザ河原オブ賽

賽の河原で蹴飛ばした石が砂上の楼閣を直撃する。砂上の楼閣という言葉に対して、俺はどうしても砂場で作ったお城をイメージしてしまう。

いっぽう水のほう。泥船が沈みかけているが、船頭が多いので山に登る。しかし船頭たちはすべて河童なのだ。丘に上がって困り果てる河童。隣で小判を持った猫の額に舌を切られたスズメの涙が降り注ぐ。青い芝生が生える。

小判猫の友人たる真珠をつけた豚がおだてられて木に登る。上から猿が落ちてくる。巻き込まれた。もろとも川に流されていく。不満足なソクラテスも流れてくる。それらをなすすべもなく丘から見つめる河童たち。彼らも川に身を投げ、ちゃんと流されていく。
そこにどんぶらこどんぶらこと流れてくる桃。これを割る鉈は、かの有名な爺が竹を斬った業物。翁は花咲爺でもある。ここだけの話だが、彼が咲かせた桜の木の下には死体が埋まっている。
裸の王様の驢馬の耳に念仏。
糠に腕押し、のれんに釘。出る杭に釘。泣きっ面に釘。鬼の目にも釘。仏の顔は三度めが正直。それにも釘打っとけ。
王様の驢馬の耳に吹きつける東風。天井から寝耳に目薬。それを見ている障子のメアリーと、よく似た感じの少女たち。オッス!おらアリス!ウサギを追っかけてる!ドロシーって何の主人公だっけ?

駆け抜けるウサギ。そのあと亀。努力家、いつも子供に虐められている。太郎は箱を開けたので来れない。ごめんいまちょっと厄災が噴き出してて。
ウサギ。そのあと亀。だいぶ遅れてアキレス。全員を停止した矢が射抜く。光陰矢の如し。時間の流れがおかしい。少年老い易く学成り難く、蛍の光窓の雪、全ての道はローマへと1日。
閉店の時間。

河童、動物たち、爺いたち、王様、仏さま、少女たち、足の速いやつ。犠牲者たちの死体を蟻がせっせと片付ける。キリギリスは歌い続けている。つられて鳴いたキジが撃たれた。ごんぎつね、お前だったのか。ぽろぽろと涙が溢れる。酸っぱい葡萄をお供えする。

ちくしょう、ここはどこだ。河原に戻れない。