石蹴りインザ河原オブ賽

賽の河原で蹴飛ばした石が砂上の楼閣を直撃する。積み木でできた楼閣が崩れ落ちる。
いっぽう水のほう。泥船が沈みかけているが、船頭が多いので山に登って安心。しかし船頭たちはすべて河童なのだ。丘⊃山。俺の理解では。隣で小判を持ってる猫の額にスズメの涙が降り注ぐ。青い芝生が生える。

川。真珠をつけた豚が猿と木から落ち、不満足なソクラテスと流されていく。それをなすすべもなく丘から見つめる河童。彼も川に身を投げ流されていく。
そこにどんぶらこどんぶらこと流れてくる桃を割るであろう鉈は、かの有名な爺が光る竹を叩き斬った業物と同一の逸品であるが、それを振るった翁は花咲爺と同じ人物である。彼が咲かせた桜の木の下には死体が埋まっている!
裸の王様の驢馬の耳に念仏が鳴り響く。糠に腕押し、のれんに釘。出る杭に釘。泣きっ面に釘。鬼の目にも釘。仏の顔は三度までだから正直。それにも釘。
王様の馬は、耳に吹きつける東からの風と、しつこく尻尾に掴まっている蝿をなんとかしたいと思っている。
天井から寝耳に目薬が落ちてくる。その時刻を障子のメアリーが答える。ドロシーが通り過ぎる。オッス!おらアリス!ウサギを追っかけてる!ドロシーって何の主人公だっけ?
ウサギ。そのあと亀。努力家だが、いつも子供に虐められている。浦島太郎は箱を開けてしまったので来れない。ちょっと厄災が噴き出したので。
ウサギ。そのあと亀。だいぶ遅れてアキレス。時間の流れがおかしい。こいつら全員を停止した矢が射抜く。どういうことかよく分からない。そいつらを蟻が片付ける。キリギリスが歌い続けている。一緒に鳴いたキジが撃たれた。ごんぎつね、お前だったのか。傍に酸っぱい葡萄。