車中睡断靠

何度も眠りそうになりながら働いた。電車で珍しく座れた。ウトウトしたら両隣の男たちも眠りこんでいて、そのどちらもが、崩れるようにもたれかかってきた。なぜか同時に。突然、おっさんの肩肉に挟まるおっさん。

おっさん→おっさん←おっさん。


立ち上がる気力もない真ん中のおっさんとしては、見知らぬおっさんたちとの濃密な接触は耐え難く(知ってても御免蒙るが)、さんざ迷ったすえに、意を決して両の腕で押しのけた。


そしたら弾けたようにふっ飛んだ。

右のおっさんも、左のおっさんも。


時が止まったみたいになった。そん時の俺のポーズ。太極拳の技でも決めたみたいだったんだ。技は、なんかこう、開くやつ。



広告を非表示にする