読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶし

夜道の画鋲・見たことのないもの

駅のタイルで足が滑るような気がした。改札を抜けると今にも出そうなバスが見えた。考えずに走った。僕のどこかで何かがカチカチ鳴っていた。走りついた目の前で乗車口が閉まった。コンマ数秒の落胆。かわりに別の扉が開いた。 "前からどうぞー" 「…ありがと…

草食系どころか草そのものの男

食うために働くことも、そもそも食うことも面倒な男に天啓が下った。「もう光合成でもするしかない」手加減のない荒行、人びとの好奇の視線、そして無視に耐え抜き、男はついにその能力を獲得した。見るがいい、彼の緑なす髪、青っぽい顔。彼の両足は大地に…