石蹴りインザ河原オブ賽

賽の河原で蹴飛ばした石が砂上の楼閣を直撃する。砂上の楼閣という言葉に対して、俺はどうしても砂場で作ったお城をイメージしてしまう。

いっぽう水のほう。泥船が沈みかけているが、船頭が多いので山に登る。しかし船頭たちはすべて河童なのだ。丘に上がって困り果てる河童。隣で小判を持った猫の額に舌を切られたスズメの涙が降り注ぐ。青い芝生が生える。

小判猫の友人たる真珠をつけた豚がおだてられて木に登る。上から猿が落ちてくる。巻き込まれた。もろとも川に流されていく。不満足なソクラテスも流れてくる。それらをなすすべもなく丘から見つめる河童たち。彼らも川に身を投げ、ちゃんと流されていく。
そこにどんぶらこどんぶらこと流れてくる桃。これを割る鉈は、かの有名な爺が竹を斬った業物。翁は花咲爺でもある。ここだけの話だが、彼が咲かせた桜の木の下には死体が埋まっている。
裸の王様の驢馬の耳に念仏。
糠に腕押し、のれんに釘。出る杭に釘。泣きっ面に釘。鬼の目にも釘。仏の顔は三度めが正直。それにも釘打っとけ。
王様の驢馬の耳に吹きつける東風。天井から寝耳に目薬。それを見ている障子のメアリーと、よく似た感じの少女たち。オッス!おらアリス!ウサギを追っかけてる!ドロシーって何の主人公だっけ?

駆け抜けるウサギ。そのあと亀。努力家、いつも子供に虐められている。太郎は箱を開けたので来れない。ごめんいまちょっと厄災が噴き出してて。
ウサギ。そのあと亀。だいぶ遅れてアキレス。全員を停止した矢が射抜く。光陰矢の如し。時間の流れがおかしい。少年老い易く学成り難く、蛍の光窓の雪、全ての道はローマへと1日。
閉店の時間。

河童、動物たち、爺いたち、王様、仏さま、少女たち、足の速いやつ。犠牲者たちの死体を蟻がせっせと片付ける。キリギリスは歌い続けている。つられて鳴いたキジが撃たれた。ごんぎつね、お前だったのか。ぽろぽろと涙が溢れる。酸っぱい葡萄をお供えする。

ちくしょう、ここはどこだ。河原に戻れない。

こぼれる・お酒

ひとり静かに部屋で横たわっているか、どこか外でスケッチでもしている状態が僕の摺り切り一杯で、それ以上に何かが加わると、そのぶんは大体たちまち溢れてしまう。

そこで溢れる気分の量と、僕が自分に流しこむお酒の量は正比例している。点検すれば分かる。

飲むに至る事象は悲喜を問わない。腹が立って飲む。嬉しくて飲む。安心しても飲むし、不安でも飲む。楽しくても悲しくても飲む。しかし、寂しくてというのはない。欠落よりは過剰の感から逃れるためにいつも飲んでいる気がする。

誰にも関わらず、ずっと引っ込んでいられるなら、僕はおそらくお酒を飲まない。純粋にお酒が好きな人はこうではないだろう。

前ほど頼りきりでもなくなった。今日もだいぶ飲んだ。どうでも良い話でした。

散らかり頭

絵を描く部屋の床がほとんど全て見えている。この3年ほどなかったことだ。他の部屋はなんとかできても、この部屋は無理だった。去年も一昨年も、描き損じやゴミに埋もれたような状態で描いていた。

手に持ったものをどこにやったら良いか分からないとか、それを収めたい先が塞がっていたりするたびに苛立ちのあまり叫び出しそうになったり震えがきたりして作業を中断したので、たかが六畳間を片付けるのに数日かかった。

 

さて、久しぶりに物は片付いた。だのに期待したほどすっきりしないなと思ったら、床を覆う白いゴムシートに散らばった絵具の汚れのせいだった。

固まった絵具を剥がしたりテレピンで溶かして拭きながら、ずいぶん長いあいだ、このていどのこともできなかったんだなと思った。

音とにおいと

梅雨の合間ってことになるのかな。いまはほんとうに素晴らしい気候だと思う。

窓を開けて呼吸していているだけですこし嬉しくなる。外を走る車輌が立てる音もやわらかくて親密なものに聞こえる。

選挙のたびに票を入れてる政党の街宣車とか、バカでかいバイクの暖気を延々やってるおっさんに「あなたはなんの権利があって、私の家に騒音を投げ込んでいるのですか?」とか絡みに行く人間にもそんな日はある。

頭の状態の問題だろうな。

できたらずっと、こうでいたいんだけどな。

夕立ち

疲れたバスが止まる直前、外が白く光った。

降りたら滝みたいな雨が降り出した。

少しまてば弱くなるさね。そんなひとたちがバスを降りてもぎゅうぎゅうで狭いゴムの屋根の下。

近すぎだ、おまえら。おれが近すぎる。

 

歩くたびに靴ががぽがぽ言った。いちどそうなってしまえば、かえってにこにこした気分になった。

雨は家に着いてすぐ止んだ。洗った靴を干した。また強く降り出した。

水溜り

些細のことでその日の残りを捨ててしまいがちだ。

自分が飲む酒のほとんどがその手っ取り早い手段にすぎないと気づいてからは、とりあえずひとりでは飲まないように、どちらかといえば、あるべき望ましい姿勢としては、程度には気をつけているけれど、酒みたいなものはあれば飲むし、飲めばなくなるし、なければ買いに行く。夜中、雨のなか、まったくほんの些細のことで。

でも考えてみたら、そうしたくなるような事どもなんてのは、僕がずっとひとりきりでいたのなら、はなから起こるはずのないことばかりだった。

水たまりを跨ぐ。

自由意志とはなんなのか。存在するのか。自分にそれを見たことはない。

酔ってもひとりなんかじゃない。

心強い。まったく。